読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後縦靭帯骨化症 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の後縦靭帯骨化症治療についてお話いたします。

後縦靭帯骨化症と免疫

 血流改善のためCDと名づけた、独自の鍼技術を考案し結果を出していました。

新潟大学安保教授の免疫を知る前に、胸腺由来のT細胞免疫の調整については、オーリングテストで有名な大村博士にインスパーヤーされて、独自の調整法を行っていました。

それによってがん治療も進化しました。

ここで教授の免疫について深く知ったことで、さらなる応用ができないかと考えていました。

後縦靭帯骨化症の治療には、時に患者さんに負担を強いることがありました。

そこを改善したく、何か良い方法がないかと思案していました。

発想の転換と従来の思考方法を打ち破ってしまうことで、それらの呪縛から解き放たれるのです。

最近のテレビで、元ジャイアンツの桑田投手が東大生を教える場面を見ました。

彼らに間違った野球の常識を変えることを指導していました。

過去のままではいけないなら、新しい視点で今までの常識を洗い直してやらないといけないのです。

というわけで後縦靭帯骨化症が起きやすい部分、首胸腰仙骨までの骨と免疫との関係を調べて見ました。

すると各部分で免疫応答するのは1点から2点、ピンポイントで反応するツボしかありませんでした。

本日は遠路からこの症状の患者さんが、症状維持のため見えました。

早速研究成果を試させていただきました。

術後の手のひらで血流改善具合、顔の変化を見て、それと患部になる場所のオーリングテストを行いました。

すべて改善が見られ、それ以上に驚かされたのが、オーリングの力の入り方でした。

以上とも思えるほどの力が入っていました。

明後日見えるので、この結果が楽しみになってきたところです。

発症原因はまだわからない病気ですが、この治療結果がよければ免疫との関係がより強く疑われます

後縦靭帯骨化症治療は発想の転換が必要




 前回ジャイアンツの越智投手の心配をしたら、当日の読売新聞夕刊にリハビリを、理学療法士と行っていると記事が掲載されていました。

後縦靭帯骨化症の治療法は西洋医学には手術だけであり、その効果は限定的で多くの場合手術前とほとんど変わらない、それが定説であったので彼にはぜひそれを覆すような回復をされることをお祈りします。

さて、「手のひら先生の高麗手指鍼」と「サウンド・アキュパンクチャ」の後縦靭帯骨化症治療では、この治療に成果を上げています。

前者は既に症例も多数なので自信ある成果が出ています。

後者は成果も出ていますがまだ発明して間もないので、前者に比べれば症例は多くありません。

しかし2つの治療法が目指す改善箇所は同じなのですが、治療法コンセプトは全く異なります。

どちらかというと「手のひら先生の高麗手指鍼」がほんの少しですが、対症療法的であるのに対し「サウンド・アキュパンクチャ」は根本治療的と言えます。

前者の治療が鍼灸治療の延長線上から始まった治療に対し、後者は脳の研究を加えてそこから考えた方法であるからです。

さてどちらが優秀ということもなく、両方を併用すればより効果的であると考えます。

これも東洋医学の1分野鍼灸治療に固執しないことで、より発展した結果だと思っています。

楽しいですよ人間、人体研究は。

こんな精密に人間を作り上げた創造主は、病気治療にもなぞかけのようにその解き方を考えていてくれたのかもしれません。

後立靭帯骨化症とサウンド・アキュパンクチャ治療報告 2012年8月28日




 後縦靭帯骨化症治療サウンドアキュパンクチャを聞いていただいている、最も重症と思われる方の治療経過報告をいただきました。

併発している心臓病などがあり、なかなか治療経過は微妙なところがあります。

いくつかの改善を繰り返した結果、今回のものがかなり効果が出てきているようです。

おふたりの女性は痛みはもちろん辛いものがありましたが、それでも比べれば軽症の部類に入られる方でしょう。

その方たちは既に痛みは感じられなくなっています。

足のしびれは疲労が出る午後には感じるようになりますが、足の痛みは徐々にそして確実に改善しています。

毎日改善を実感できるようになるならかなり良くなっているのでしょう。

こう思うと読売ジャイアンツの越智投手は、手術後の経過はどうなっているのでしょうか?

プロの選手は出場しなければ、自分のポジションを誰かが奪っていく、そのような危険性恐怖とも戦っていかなければなりません。

いわんや難病指定の後縦靭帯骨化症となれば、どのくらい焦っているか慮れます。

読売ジャイアンツ越智選手の難病とプロ選手の怪我治療について考える

後縦靭帯骨化症という病気は、難病指定になっているぐらい治療が難しいものです。

アジア人に比較的多い病気のようで、日本人でもこの病気に苦しむ方は多いのです。

つい最近も読売ジャイアンツの中継ぎエースとして活躍していた、越智選手がこの病気で手術を受けました。

あんなプロのスポーツ選手がお思うのですが、過去にもこの病気になったプロ野球の選手は何名かいたようです。

ネットで調べるとその多くは現役復帰をあきらめたようです。

幸いにも現場復帰まで数年掛かったものの、短期間で辞めた選手がお一人いたみたいです。

引退の原因が後縦靭帯骨化症から来たものか否かは分かりませんが、この病気の性質から考えれば、その持てる能力を100パーセント発揮は出来なかったと推測できます。

野球は興味がなかったのですが、3年ほど前の彼は毎日のように中継ぎに出ていたのではないでしょうか。

ジャイアンツはピッチャーにはつらい使い方をする球団だから、早くつぶれなければいいなと見ていました。

ここ2年ほど彼の名があまり聞かれなくなったので、どうしているのかな肩でも故障したのかと思っていましたら、後縦靭帯骨化症が進行し始めその影響が出始めていたのでしょう。

「手のひら先生の高麗手指鍼」として私が行っている治療では、過去にこの疾患で苦しまれた患者さんを治しました。

もちろん長期にわたり治療を継続されている患者さんもいらっしゃいますが、痛みが少しづつ軽減し完全に症状が消えた方も多くいらっしゃいます。

これなら10年は進行しないと医師にいわれた患者さんは、そこで治療を終了いたしました。

骨化した箇所が元に戻るまでは、おそらく何年も治療継続しなければならないでしょうから、患者さんの負担も考え多くはそこで治療を終了するのです。

治療は日常生活に支障がなくなればよいので、そこまでは「手のひら先生の高麗手指鍼」治療では回復可能なのです。

ではそのような治療を体が資本のプロ選手に施そうとすると、これは大変な障壁があるのです。

大リーグの選手が怪我をすると、トレーナーや医師が周りを固めているので、基本の治療法をきっちり守って行かなければなりません。

選手があの治療法をしたいなと思っても、万が一その治療法でさらに悪化でもしようものなら、選手によっては年棒10億円以上越す投下資本が、まったくのくず同然になってしまうのです。

むかし同僚があるサッカーチームの運営者に近しくなって、高麗手指鍼(彼のやっている方法と手のひら先生の方法とはまったく違いますが)のすばらしさを説明したら、今度チームに照会してみるよとなったそうです。

もし良いとなれば面接に帯同してくれないかと相談されたのですが、この話はそれきりでした。

どのチームにも専属の医師、トレーナーがいますので、その領域を乗り越えて新しい治療法を導入することは至難です。

むかしプロ野球選手が肉離れを起こし治療に来られたことがありました。

彼が言うには「トレーナーに言ったら、3週間寝ていろと言うだけだ。」

手のひら先生の肉離れ治療なら、一般の方なら治療は1回で、3日後には通常生活に戻れるのです。

おそらくプロ選手ならば半分以下の期間で現場復帰できるのではないでしょうか。

そんなことを越智選手の病気を知って考えました