読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後縦靭帯骨化症 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の後縦靭帯骨化症治療についてお話いたします。

後立靭帯骨化症とサウンド・アキュパンクチャ治療報告 2012年8月28日




 後縦靭帯骨化症治療サウンドアキュパンクチャを聞いていただいている、最も重症と思われる方の治療経過報告をいただきました。

併発している心臓病などがあり、なかなか治療経過は微妙なところがあります。

いくつかの改善を繰り返した結果、今回のものがかなり効果が出てきているようです。

おふたりの女性は痛みはもちろん辛いものがありましたが、それでも比べれば軽症の部類に入られる方でしょう。

その方たちは既に痛みは感じられなくなっています。

足のしびれは疲労が出る午後には感じるようになりますが、足の痛みは徐々にそして確実に改善しています。

毎日改善を実感できるようになるならかなり良くなっているのでしょう。

こう思うと読売ジャイアンツの越智投手は、手術後の経過はどうなっているのでしょうか?

プロの選手は出場しなければ、自分のポジションを誰かが奪っていく、そのような危険性恐怖とも戦っていかなければなりません。

いわんや難病指定の後縦靭帯骨化症となれば、どのくらい焦っているか慮れます。